もてない男 上から目線

上から目線の言動は、もてない男の共通認識となる場合があります

スポンサーリンク

 普段の言動は、周囲にとって、その人の印象に繋がっている場合が多くあります。
 もてない男性の中には、上から目線の言動をしてしまう場合が挙げられます。
特に団体行動を行う場所となる、学校や会社などにおいては、その言動が目立ってしまう場合もあります。
例えば、自分の能力を過信している男性の中には、それができない人をけなしてしまう場合があります。
場合によっては、できない事を、周囲の人の前で深く追求する男性もいます。
 間違った事を指摘するのは、仕事のためにも必要な場面はあります。
しかし、相手が逃げ場を失うまでに、周囲の面前で恥をかかせると、周囲の人にも悪い印象を与えます。
上から目線は、もてない男性としての印象にも、普段の生活態度から繋がっている場合もあるのです。
自分ができる事は黙っておく、人ができなかった事は静かにカバーしてあげる位の態勢で臨む必要もあります。
スポンサーリンク

 もてない男性の中には、女性に対面すると、必ず上から目線になっている場合などもあります。
会社などの職場では、男性が女性に指示を出す場面がまだ多くあります。
上司、その他、誰に対しても意見をぶけつるのであれば、それは上から目線にはなりません。
しかし、一部の女性たち、特に目下の女性に対して横柄な態度になると、周囲はそれを見ています。
もてない男性として認識され、普段の行動からも納得した共通認識になっている可能性があります。
誰に対しても、感謝する気持ち、協力体制をもつ心構えが必要です。
 もてない男性の上から目線の行動としては、自分がやる事と、人がやる事を、自然と区分している場合などがあります。
面倒な作業を人にやらせて、自分は悠々と時間を持て余しているなどがあります。
場面によっては、人が完成させた事を、上司には自分一人が仕上げた様に報告する事などもあります。
複数で完成させる作業などでは、誰の作業も必要となるものです。
完成の喜びを、みんなで喜び合う気持ちも大切です。
スポンサーリンク