もてない男 40代 原因

40代でもてない男性の原因は、見た目や態度からも測定できます

スポンサーリンク

 年齢は、周囲に与える印象としても、年代を上がるごとにその重みを増す場合があります。
 40代でもてない男性の場合の原因としては、年齢、あるいは実年齢以上に、歳を感じさせてしまう場合などがあります。
特に見た目の印象があります。
一般的な印象として、男性の40歳以降については、かなり充実した年齢というイメージがあります。
そのため、その年齢、あるいはそれ以上の年齢を感じさせる外見は、疲れた見た目になっている場合もあります。
服装などにも、少し明るめのカラーを取り入れてみると、印象が変わってきます。
 40代のもてない男性としては、他にも、若作りをし過ぎている事が原因になっている場合もあります。
自分よりも年齢が若い人たちと接したい場合などもあります。
唯、この場合にも、必要以上に若さを意識したファッションになってしまうと、頑張りが逆に引かれてしまう事があります。
年齢を飛ばし過ぎずに、見合った若々しさを取り入れる様にしてみる事が大切です。
スポンサーリンク

 40代、もてない男性の原因には、他にも、性格的な部分で、周囲への行動に繋がっている場合などがあります。
男性が40歳を越えてくると、落ち着いた人をイメージする場合も多くあります。
例えば仕事場で、いつもせっかちに人に指図してしまったり、周囲を巻き込んだ行動をすると、年齢に対するギャップを感じる場合があります。
性格的にせっかちで、どうしても人に対しての行動も急がせてしまう事が多くなっている場合があります。
この様な場面では、その場を和ませる事ができる雰囲気作りも必要です。
仕事の案件であっても、周囲を巻き込んだ場合には、感謝、時には謝罪も必要です。
自分自身が精神面の修養を必要とする場合もあるものです。
 40代でもてない男性には、周囲との会話が少ない場合などが原因になっている事があります。
世間話程度であっても、人とのコミュニケーションは必要です。
人と話をするのが苦手な場合には、時事ネタなどを普段から取り込んで、自分から話しかける様にしてみると、印象も変わってきます。
時事ネタは、40代という年代を超えた会話にも繋がります。
スポンサーリンク