モテない男 好意

モテない男の好意は空回りしがち

スポンサーリンク

世の中にはモテない男というものが一定数存在しています。
誰もが万人受けする資質を持っているとは限らないため、これはある意味で仕方のないことです。
 では、彼らの何がいけないのかと言えば、好意が独りよがりであることが多いことです。
 恋愛とは相手の同意があって初めて成り立つものですが、彼らは自分がよければそれでよいと考えている部分が多いのです。
 それはデート中の会話などにも表されます。
モテない男というものは、一緒にいる女性の好意を獲得したいからと、自分の武勇伝などを一方的にしゃべる傾向にあります。
 親しい相手に昔の体験を語って聞かせるという行為は、別に珍しいものではありません。
しかし、デート相手に毎回そんな真似をしていたら、あきれられるのも無理はありません。
 ときには相手のこぼす愚痴をひたすら聞くぐらいの度量がなければ、特定の相手と恋愛関係を続けるのは難しいのです。
 モテない男は、それに対する認識が乏しいのです。
スポンサーリンク

 モテナイ男の好意が空回りする理由としては、他に恋愛感情よりも損得勘定を優先させることが多い、というのがあげられます。
 これは初めてのデートなのに、割り勘を要求された、割引が可能かどうか店員にしつこく尋ねていた、という形になって現れます。
 経済観念が全くない相手と付き合うというのも大変ですが、明らかにケチだと思える相手と一緒にいるのも、苦痛を伴うものです。
 デート相手に毎回食事をおごるというのが経済的にきついという男性は、昨今少なくありませんが、相手がその行為をどう思っているのかを考えた方がよいと言えるでしょう。
 モテない男の好意が空回りする理由としては、恋愛に対しガツガツとしすぎているということもあります。
近年は恋愛に対し関心が薄い男性が増えていますが、その逆もまた問題がありです。
 何事もほどよい加減というものが存在します。
どんな相手とも長続きしないという男性は、一度自分の行いを振り返った方がよいと言えます。
スポンサーリンク